FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウル・ポリューショナー6

「次は……そっちを味わわせてもらおうかな! くるみ、用意いいか?」
「もちろんです~っ♡♡ ご主人さま、くるみのお身体をどう味わわれますかっ?♡」

 公園で年頃の少女が下着姿になりながら、公然とくねくねと身体をこじらせておねだり。
 こんなのどうしたって性欲がかきたてられる。白いパンティに平らな股間。艶やかな太ももをこすこすと何度も擦らせて、はあはあと息を荒げながら、赤くなった顔で上目遣い。絶えられるわけない。たった今射精したばかりとはいえ、まだペニスはギンと天を向いて硬いままだ。

続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

ソウル・ポリューショナー5


「あぁ……ご主人さま♡ ようやく会えた……」

 プールを出て、くるみに人気の無い公園まで連れてこさせた。ようやく俺本来の肉体とご対面したサツキは、まるで神でも目にしたかのように喜びに満ち溢れた表情を浮かべた。本当に神か何かだと思っているのかもしれない。
 芝生に膝をついて、ワナワナと震えている。目がトロンと緩んでいたので、おっぱいを揉んでやると、早くも喘いでこたえた。

「あん♡ い、いきなりですね♡」
「フフ、奴隷を主人がどう扱おうが自由だろう? そうだよな?」
「はいっ! どうぞご自由にお使い下さい!」

 ぐねぐねと形を変える胸は、それを目にしたどんな男も魅了するだろう。
 しかしそれを惜しげもなく蹂躙されたあげく、それが至上の幸福を得られる行為であるかのように、恍惚の表情でされるがままになっている。しかも、自分の身体をまるで道具かなにかのように扱っているのだ。他でもない自分自身が。


続きを読む

ソウル・ポリューショナー4




 夕方の通学路の端、電柱の影に隠れながらこっそりと待っていた。
 しばらく周囲をきょろきょろを見回しながら、たまに手に持ったままのピンク色の携帯を確認する。藍色のスクールバックは無造作に地面に置きっぱなしだ。
 
「……お、来たか。こっちだ!」

 近くに見覚えのある少女を見つけて手を振った。彼女もまた携帯を握っており、こちらの姿を見つけた途端に嬉しそうに走りながら近づいてきた。



続きを読む

ソウル・ポリューショナー3


「おい! 今日はとうとう新しい子をモノにしにいくんだ。早く飯を作ってくれないと、みんな帰っちまうよ」
「はいっ♪ できました、いーっぱい食べてくださいっ」

 俺の小さな部屋で、現役女子高生のくるみがニコニコ笑顔のエプロン姿で皿を持ってくる。
 ああ、いい光景だ。ハンバーグのいい匂いが鼻腔をくすぐる。綺麗に掃除された部屋で、埃ひとつないピカピカの机に二人分の食器を置いて、笑顔のJKと一緒に「いただきます」と手を合わせた。




続きを読む

ソウル・ポリューショナー2

 二人分の体を移動するのはなかなかに手間だ。家から15分くらいしか離れていない場所だが、かかるのは倍の30分だ。
 幸いにも知り合いや警察とはすれ違わなかった。まさか女子高生に憑依してることで捕まったりはしないだろうけど、補導されたら面倒くさい。よく見れば制服のスカート、精液でカピカピになってる部分もあるしな。
 男の体で古臭い家の扉を開けると、玄関先には靴が二つ揃えられている。もちろん女物だ。

 靴を脱いで廊下すぐの扉を開けた。するとぼうっと手をついて扉のほうを見つめたまま、虚ろな表情を浮かべる女子高生がいる。
 まったく意識を抜かれたら無防備なもんだ。こうして男の家に連れ込まれても、フィギュアみたいに身じろぎ一つしない。
 試しに唇をつんと小突いてみる……つんつん、っと。

「……よし、動かないな」

 お人形のようになっていることを確認してから、胸がドキドキ高鳴ってきた。
 もちろんこうして女の子を犯すのは初めてではないが、今日はちょっと趣向が違う。ふふ、ちょっとづつ準備してきたアレを使う日がとうとうきたのだ。




続きを読む

プロフィール

spiritinserter

Author:spiritinserter
裏でこっそりと執筆している憑依系R18小説の個人的保管庫
憑依、乗っ取り、操りがメインです。気が向いたら更新します。
相互リンク歓迎します!

無断複製転載禁止です。
作中の登場人物と実在の人物・団体は一切関係ありません。

よろしくお願いします。

Fc2カウンター

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。