FC2ブログ

2015-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウル・ポリューショナー4




 夕方の通学路の端、電柱の影に隠れながらこっそりと待っていた。
 しばらく周囲をきょろきょろを見回しながら、たまに手に持ったままのピンク色の携帯を確認する。藍色のスクールバックは無造作に地面に置きっぱなしだ。
 
「……お、来たか。こっちだ!」

 近くに見覚えのある少女を見つけて手を振った。彼女もまた携帯を握っており、こちらの姿を見つけた途端に嬉しそうに走りながら近づいてきた。



ソウル・ポリューショナー4 »

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:spiritinserter
裏でこっそりと執筆している憑依系R18小説の個人的保管庫
憑依、乗っ取り、操りがメインです。気が向いたら更新します。
相互リンク歓迎します!

無断複製転載禁止です。
作中の登場人物と実在の人物・団体は一切関係ありません。

よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Fc2カウンター

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。