FC2ブログ

2016-11

魂堕としの快速通勤列車 参


「…………?」

 その異変に気づいたのは、家に戻ってシャワーを浴びようと脱衣場に入って服を脱ごうとしたときだった。
 不意に、鏡を見て違和感を覚える。
 
 鏡に映っているのは、何の変哲もない、いつもの自分だ。
 けれどなんだか変だ。

「…………」

 見慣れた自分の顔が、自分じゃないみたいで。
 見慣れた自分の身体が、自分の身体じゃないみたいで。特に胸が膨らんでいるのが不自然すぎて、俯いて確かめる。
 そこには確かに二つの膨らみがあり、首と服の隙間からはブラジャーと胸によって作られた三角の谷間がしっかりと伺える。

魂堕としの快速通勤列車 参 »

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

«  | ホーム |  »

プロフィール

spiritinserter

Author:spiritinserter
裏でこっそりと執筆している憑依系R18小説の個人的保管庫
憑依、乗っ取り、操りがメインです。気が向いたら更新します。
相互リンク歓迎します!

無断複製転載禁止です。
作中の登場人物と実在の人物・団体は一切関係ありません。

よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Fc2カウンター

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる