FC2ブログ

2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アブソーブ・スライム スーパー銭湯編4





 目の前には三人の少女が寝転がっている。
 二人はすでに水浸しなうえ、とろとろの愛液を嫌というほど滲ませた下着をつけたままぶっ倒れている。もう一人は裸ワイシャツで、下着なしで水浸しなので、性器は上も下も完璧に見えている。だというのに服を着ているというのが不思議で、なぜか興奮してしまう。
 全員が快楽に完全に蕩けて、まるで何も隠そうとしない。それどころか種付けされることを揃って肉体は望んでいた。
 倫理感とか、この後の未来とかを全て取っ払うと、こうなるのか~と頷いた。

「さて、起きて。そこの壁に三人でもたれかかるんだ」

 床のタイルに伏せ、赤い顔ではぁはぁと言っていた三人。
 だが命令の電波が入り込んだ瞬間にむくりと、空気を入れられた人形のように立ち上がって壁にもたれ、ずるずると座った。左に左足オナニーの子、真ん中に裸ワイシャツの子、 右に右足を擦り付けさせた子だ。
 ん~こうして全裸の子が三人並んでいるのを見るのもいい。女湯で見る、若い女の子の裸は格別だな!
 彼女たちは絶頂を迎えたばかりなので、動くな、と操られていても息だけは零している。そのたびに胸が上下し、辛そうにしていたので、楽にするように命令を飛ばしておいた。








「さて、と。そろそろヤりたくなってきたなぁ……じゃ、そろそろ君らにメスに生まれた義務を果たさせてあげよっか♪ 」

 そう言うと真ん中の一人、裸ワイシャツの子を操ってのそりと立ち上がらせる。平らな股間からトローと糸を引いて、地面に落ちた。艶々で、張りのある肌。
 小さな身体は挿入してほしがってるのかと、にやつきながら股間に手を宛がってくりくりと動かすと、んんっと鼻声を零しつつ太ももをかくかくと振るわせる。絶頂の直後で、敏感になっているらしい。

「いいねえ、身体は準備万端か。じゃ早速……いや、待てよ?」

 ほとんど鼻先にワイシャツ少女の秘部を前にし、命令を飛ばせばすぐにでもこの勃起したモノに跨らせ、貫かせる。決定的な行為を、他人の意思で行わせられる少女。
 しかし、ただヤるよりも……せっかく女湯にいるんだし、めちゃくちゃに楽しみたい。

「よし、それじゃあワイシャツっ子。お前の肉体を、俺がもっと有意義に使ってやろう」
「はぁっ。はっはい、どうぞ!」

 承諾の言葉を言わせたところで、俺は脳内で念じて命令を飛ばす。
 周囲でイったばかりで寝転がっていた二人のうち、透明水玉下着の子が、マリオネットの糸が再び繋がったかのようにむくりと起き上がり、歩き出して女湯を出て行く。
 赤い顔で「あんああぁんっ♡」と、舌を出しながら快感を受け入れる少女の股間を、俺が二本指でクニクニいじりながら待っていた。するとすぐに出て行ったパンツ水玉の子が戻ってくる。

「おお……っと、見ずに操作するってのは流石に難しいか……」

 その表情を見れば、ほんやりとどこを見ているのか分からない虚ろな瞳が浴場の形をぼうっと映していた。
 意識無き人形と化した少女。それをうまく転ばないよう、ぶつからないように操作して、こちらに近づけさせ……さあ、ワイシャツ子にキスして、移れ。

「んうっ!?」
「ん……ちゅ、る、じゅる」
「は、っ……じゅるぅっ」

 ワイシャツ子と、水玉パンツの子が唇を合わせて舌をからめあう感覚がじんわり伝わってくる。んん、女の子同士だとキスも柔らかいなぁ~。あ~溶けそう、やば。
 ……それじゃあ……楽しんだし。ま、移動しろ。

「んう、じゅるるぅっ」

 俺の感じていた感覚が消えるとともに、彼女らの口が大きく開いて絡み合った。その中心を、ゼリー状の粘体が通り抜け、ワイシャツ子の涙の滲んだ瞳が見開かれる。
 がぼ、っ。全てが入りきると、水玉パンツの子はがくっと膝をつき、ぱたんと床に崩れ落ちた。
 一瞬だけ口内から透明な物体が顔を覗かせていたが、ちゅるんっと中にはいって、消えていく。あう、と苦しげな声を零して、少女は再び意識を戻すことなくスライムに肉体を乗っ取られた。
 そして、それを引き金にするように、伝わってくる。

 ――ドクンッ。
 
「……よーし、よし。入ったか。どれ」

 崩れ落ちた少女をよそに、ワイシャツ子を見れば、まるで伝染したような虚ろな瞳だった。
 指を伸ばして、何も妨げるもののない生の平らな股間に触れる。絶頂を迎えたばかりのとろとろのアソコに、指先が……ゾクゾクッ、背筋に駆け巡る。

「んんっ♡」

 鋭い電気のような、どこか甘美な刺激。そして、少女から毀れる喘ぎ声。

「うぅっ!? ……よ、よしよし。ちゃんと入ったな♪」

 これでこそ、ちゃんと他のスライムもつれて来た価値がある。感覚を繋げたおかげで、俺も快感を感じられるようになったわけだ。ま、これがメインなんだけど。
 俺も立ち上がって、先にワイシャツっ子を歩かせる……う、今日は操作を透明に任せっきりだったから、普通のやつを操る感じをちょっと忘れてるな。
 すーはー、深呼吸、よし。右足を動かして、左足を前に出して……じゃ、股間に両手を宛がって。くりくり。

「んぅぅ♡♡」

 歩き、太ももが動いている間も手をつるつると割れ目に沿って動かし続ける。
 指先が敏感な神経の詰まった突起につんっと触れるたびに、ぴゅっ、と愛液がタイルまで噴出する。その収縮を繰り返すたび、快楽が子宮の壁をぞくっと突き抜ける。宙を伝わって、それは俺にまで伝わってくるのだ。彼女の、快感にえへへと笑う口から言わせる。

「あ、歩きながらオナニーするのぉ~っ♡ ああぁ、んひっ♡♡ エッチできもちいいからだいすきぃ♡♡」
「あ~、いい。これ最高だなぁ~ッ♪ おまんこのココ、気持ちいいな?」
「ッ! そっ、そこ気持ちいい~っ♡♡」

 存在しない股間が、ぐりぐりと弄られて背筋がぞくぞくと刺激される。満たされるべきでないものが、満たされる。
 女の体は何をしても気持ちよくなるからいい。うまく操作しないと倒れてしまいそうなので、集中しきれないのだけが欠点だが、歩きながらやらせていると思うと……んー、いい。これが至上の喜びかもしれない。
 背筋がぞくぞくっと感じると、俺に伝わり、さらに俺を中継点として、まるで波紋のように耐え難い快楽が全体に広がったらしい。

「んんぅ♡」
「やぁ♡ はぁぁ♡」
「からだがぁ♡ だめな場所で感じてるよぉ~っ♡」

 身体を洗う下着姿の少女たちが、口々に快楽を素直に受け入れる。ほとんど本能で彼女らは、子宮を蕩けさせられることを喜ぶ。同じ程度の快楽を感じているらしい……これは面白い!
 歩いていって、既に扉の前に控えさせていた中○生ほどの少女を操り、恭しく木造の扉を開けさせる。

「どっどうぞぉ♡」

 びく、びくっと身を震わせているのがなんともそそられた。先にワイシャツ子を『ドライサウナ』と書かれた赤い部屋に入らせると、ついでのように少女の股間をこりゅ、くりゅぅと手を這わせて、堪えるような涙目で唇をきゅっと結ぶ姿を楽しみつつ、恥辱に耐えさせたあと、悠々と中に続いた。
 むわっとした熱気が、身を包む。体の中から沸きあがってくるマグマのような熱ではなく、奥のストーブから発せられる鈍い蒸気が外側から血を熱してくる。

「おう、早くしいてくれ。そう、そこそこ」

 扉の横に立っていると、飛ばしておいた命令により入ってくる。
 塗らしたバスタオルを何枚か持ってくる、タオルを巻いた少女たち。もちろん一人ではなく、二人、三人……そして四人の、美麗な少女。歳は10代前半から、同じく10代後半といったところか。まずは二人のストレートロング。黒髪のおっとりとした○学生、しっかりとした性格をしていそうな茶髪の高校生は木扉を閉めたあとに、うっとりと冷水に濡れたタオルを敷いていく。

「……どうぞ、ご主人さま」

 続けて球のようにピンクの髪を結った高校生くらいの少女が、枕代わりのタオルを設置し、見ようによっては藍色にも見えるツインテール――更衣室で髪留めリボンをするように命令しておいた○学生の子が、優しく俺の身体に触れて、ゆっくりとそこに寝るよう促してくる。

「どうぞ、ご主人さまっ」
「いやぁ~、これだけの子がいると誰から犯すか悩むなぁ~」

 屑のような発言だが、誰もがニコニコとその存在を受け入れて笑っている。
 女湯で、ほとんど裸同然の姿をしているというのに、守らなければならない貞操も、尊厳も踏みにじられてなお、その精神は眠ったまま。そう、意識なんて不要。俺はカラダさえあればいい。
 肉体だけが操られ、生物学的に妊娠するに真に相応しい年頃の子宮に、これからたっぷりと白濁の欲望を納めるのだ。時には自ら挿入したまま腰を振り、時には自ら弄り、時には薄い胸や口を道具のように使われながら、なおこの場にいる5人はそれを拒む意思を奪われたまま、屈託のない笑顔で待っている。
 俺は、そんな彼女らに対してパチンと指を鳴らした。すると、ぼんやりと虚ろな世界を瞳に映し続けるワイシャツの子以外、四人の少女に知性の光が宿る。

「お……お、おとこのひと!? な、何してるんですか?」
「きゃああああっ!! こ、ここは女湯ですよっ!!」
「男の人が入ってきちゃだめなんですよ! 通報してやる!!」
「きゃっ、あれが男の人の……は、はやく出て行ってくださいっ!」

 偽りの知性たちが、口々に顔を赤くしてそう唱える。
 所詮は男の欲望を昂ぶらせ、行為に誘うために振舞っているに過ぎないのだが、それでも少女らの反応はきわめて自然なものだった。

「お前らの身体、たっぷり使い倒してやりに来たんだ。ほらタオル上げて隠してる恥ずかしいところ見せろよ」

 四人が揃って手でタオルの下を握ったとき、全員が驚きの表情に包まれた。いったいなぜ手が動くのか――そんな疑問に答えるまもなく、まるでスカートを上げるように純白の布をするする引き上げていく。
 まだ濡れていないバスタオルはしっかり彼女たちの身体を隠してきたが、それを自ら剥いで、ちょうど膝上まであったそれを……股間が見えるまで、ぐいっとたくし上げた。四人とも、つるつるのパイパンだ。困惑し、あまりの羞恥に手を離して秘部を隠そうとする動きが見られたが、決してそんなことはできない。
 主人が見たいといえば、彼女らに逆らう権利はない。尊厳の持ち主は目の前の男のものに書き換えられている。

「あ~~、いいっ。いいよ君たち。華奢な身体の中に、どっくんどっくんしてあげるからね♪」
「や、やだ……恥ずかしいこといわないでください」
「だっ誰も来ないんですか? 女湯なのに恥ずかしいです……」
「見られてる……わたしのおまんこ、男の人に見られてるよぉ……」
「こんなの……やだよぉ……」

 四人が口を揃えて、寝転がりながら悠々と過ごす俺にタオルをたくし上げ、のっぺりした四つのソコを見せ続ける。うん、自動操縦いい感じだ。
 それじゃあ彼女らにはそのままでいてもらって……よいしょっと。ワイシャツ子を股間に跨らせ、天井に向けて勃起したソレに、自らの割れ目を宛がわせる。

「それじゃあ、みんな注目~。みんなの身体は俺のものだから、この子みたいに好きに使うからなー」

 ええっ、という風に揃って頬を赤らめる。
 今から行われようとしている行為を目にしているせいか、それとも閉ざされたサウナの熱気のせいか。困ったような顔をした。

「わたし、おまんこして赤ちゃんできちゃったら困るんです……それに、ここは女湯ですよっ! 早く出て行ってください!」
「君は俺だろ? へーきへーき。それに、できちゃっても"俺"のせいじゃないだろ? それに俺が捕まると、お前も捕まるぞ?」
「あ……そっか。そうですよね! ごめんなさい! わたしがおまんこしても、赤ちゃんできるのは私のおまんこですもんね! 通報なんてしません、いっぱいイケナイことしてください♡♡」

「あの……セックスなんて駄目ですっ! わたし、こんなところで処女失いたくないですっ!!」
「あのなー、これはセックスじゃない。お前らの身体を使った、俺一人のオナニーだろ?」
「あ、オナニーだったんですか! な、なら処女もなくならないですよねっ! このおまんこ、オナニーでおちんちんぎゅぅってして、ずっこんばっこんどぴゅるるっしてオナニーしてくださいっ、ご主人さま♡♡」

「お、お願いします。膣内だけは、膣内射精だけは許して下さい!」
「何いってんだ。お前らの身体は道具だろ? 肉オナホの中に射精しても、誰が困るんだ?」
「えっ……そ、そうなんですか。そうですよね、勘違いしてました。わたし、オナホなんですね。若いオナホ肉体、白濁でべとべとに穢して使ってもらうのが役目でした♡」

「…………恥ずかしい、です」
「自分に見られても恥ずかしくないだろう」
「……この格好は恥ずかしいです」
「興奮するから、そのままにしといて。……それじゃあ、お前ら見とけよー。今度は女湯で処女が失われる、超貴重な瞬間だぞ……ううっ!」

 あとは、腰を落とすように命令するだけだった。二人の感覚を共有しているおかげで迷うこともなく、導かれたソコにずぶずぶと沈みこんでいく。
 ああ、肉棒が無数の肉の突起にじゅるじゅるとくすぐられる。
 4人はその様子を、最初は赤みがかった表情で、しかし目をふさぐ事は許されなかった。
 そして、同時に異変も起きる。
 たくしあげたタオルから手を離すことも許されず、見せつけられる。だが、すぐに身体に走った快楽に目を見開き、突然に膝をぎゅぅぅとこすり合わせる。

「なっ、なにぃっ。股間に何か入ってくるよぅ」
「ずるってきたぁ、背中がぞくぞくするぅぅ……あぁぁ……!?」

 ○学生の二人――茶髪のストレートの子と、幼いリボンの子が、未知の刺激に喘ぎ漏らす。びくんびくっと身体を震わせ、俺が腰を上下させるように命じてぱんっぱんっと音が立ち始めると、彼女らの秘部もひくひく、びゅっと愛液を垂らした。
 まるで今挿入されているような感覚を、身体だけが味わっているのだろう。メスの本能だけを刺激され、ありもしない肉棒に少女四人は、いやらしくいたぶられる。
 そして、こちらもかなり辛く、ひどく気持ちのいい行為に浸っていた。挿入されたワイシャツ子の身体は、オナニーのおかげで、しっかり孕み準備OKだ。

「あぁっ、あ♡ あ~~、ひぁぁ♡ あんっ、はぁ♡」
「くっ、いいぞ。やっべえ挿入の感覚気持ちぃ……っ。もっと奥まで、自分で突いて見せろ、子宮にたっぷり出してやるぞっ!」

 ワイシャツ少女はさんざんに身体をいたぶられ、股間を水流によって刺激され、自らの手で自慰をさせられたせいですっかり出来上がっていた。受け入れ用意は万端だ。いつ射精しても、卵子がぴょこんと飛び出して、子宮は精液を受け止めるためにぎゅっと収縮するだろう。その快感は、既に波になって女湯中に襲い掛かっている。
 寝ているだけの俺はその快楽を享受し、さらに俺の感じている快感も含めた快楽が、波紋のような円を描くように真空に波及する。
 それに真っ先にあてられるのは、すぐ傍にいる召使いたちだ。

「あぁ、はぁぁぁ♡♡ らめぇ、濡れるぅぅ♡♡ ダメな液で濡れちゃうよぉぉぉ~♡♡」
「あついっ。身体の外も中もっ、なんでえっ♡」

 たくしあげたタオルの向こうで、四人の美少女が揃って透明な液体を、その女性器からぽたぽたと垂らす。ソレは筋の中心からふくらみに滴り、床に敷かれた桃色の足拭きマットを汗でないもので汚していく。女湯で出してはいけない秘密の体液を分泌させ、汚してしまっているのに、その表情は完全に色欲に支配されていた。目にはハートマークが宿っている。
 明らかに理性を失った様子なのは、理性の制御が利かなくなっているのだろう。集中すればもとに戻す事はできるが、4人同時に操ることなんてひどく難しい行為だ。だから自動操縦任せになってしまうのだが、頭を白くする女体の快楽には抗えないらしい。もちろん塗りつぶされた本来の意識が戻ることは、そのピチピチの子宮が欲望の袋に変わるまで、決してないのだが。
 さて、そんな欲望の獣に成り下がり始めた四人の前で、こちらは完全な獣の行為に浸っていた。

「はぁぁぁ~~っ♡♡ ああ、あっあ~~っ♡♡ おまんこぉずっぽり割れてるぅ、擦れて、からだ溶けるよぉ~~っっ♡♡ んやぁ、はんっ! あっ♡ あっ♡ あんあっ♡ これいいぃぃぃ~~~っ♡」

 即ち、セックスではなく交尾である。はっ、はっ、と舌を出しながら腰を振り、ぐりっぐりっとずっぽり刺さったペニスの亀頭を子宮工に押し付け、かき回し、抜き差しするさまは、発情期の野良猫の交尾のよう。
 二重の快楽は、いつ感じても頭がどうにかなりそうだ。自分が理性的に振舞うだけで精一杯。欲望だけを頼りに、歯を食いしばって腰を振らせ続ける。
 美しい肉体。幼い流線型の艶やかな肌が、パチンパチンと音をあげる。透明になった胸がふる、ふると揺れ動き、もはや人間としての理性は一切感じ取れない。口元がえへぇと歪んで、うわごとのようにこう呟く。

「ぱこぱこきもちいいのぉぉ♡♡♡ 女の子でエッチするのクセになるぅぅ♡♡ おまんこ中毒になっちゃうよぉぉぉ~っ♡♡」

 ずんっ、びちゃっ。ぱんっぱん。ぐり、ぐりゅっ、ぐりり……っ! こりゅっ!
 両手を絡めあうように握り合いながら、巧みに腰だけを使わせる。上下に動くだけでなく、押し付けて最奥に当てながらいぶり倒すのが、この少女にとって一番感じるようだ。奥をこすられると、息もできないというよいに悦んだ。
 四人の少女たちはがく、がくっと足が震えている。黒髪の子は舌を出しながら目を瞑って耐え、ツインテールの子はとうとう軽く絶頂したようで、ああぁっと叫んで、小鹿のように震える下半身からびゅびゅっと愛液を噴き出した。
 ぴた、ぽたっ。ぽた……っ。
 地面の足拭きマットが、点々と茶色く濡れる。吸い込むのは汗の塩気だけでなく、トロトロの粘液も交じり合う。
 
「くぅぅ。中がうねってっ、またすぐに出そうだっ……我慢しすぎた分、出すぞっ!」
「いいですっ♡♡ 卵子にくにくにって精子で、守るための殻やぶって、つぷんって♡ 受精させちゃっていいですからっ♡♡ 乗っ取られた女の子のおまんこ使えるの今のうちですからっ、ああんっ♡♡ もっとぐりゅぅぅって、すっごく気持ちよくしてぇぇ~~~っ♡♡」

 動物に堕ちたように蕩けた顔をするワイシャツ子の腰だけを、ずっこずこと動かして、まるで道具のように扱った。

「イくぅっ~~~!♡♡ イくっ、イくっ♡♡ 生おまんこされて、とぶっ、目の前ちかちかってしてっ、あっあ、イっちゃうぅぅぅ~~~っ♡♡♡」

 快感のおかげか疲れは全くといっていいほど感じない。絶頂したらどっとくるのだろうが、今はエッチな快楽を貪ることだけで精一杯だ……俺もだよ。そらぁっ!

 ――ドクンッ!! ぎゅ、どくっ。ドクドクッ、びびゅるぅぅるぅっっ!!
 また一人、波打つ腹部の奥に存在する肉の壁に、種の存続のための望まない種がどくんっと植え付けられる。何億ものオタマジャクシが、女の子の胎内に侵入し、いっせいに最奥の卵子を目指すために駆けだしていた。

「ひぃっ!!?」
「ああぁぁっ♡♡ なっなに、何かが体の中に入ってくるぅぅっ~~♡♡」
「何もはいってないのにっ、だめっ、おなかに入ってこないでぇぇ!!」
「やっ、やぁ……こんなの、たってられないよぉぉっ」

 射精の瞬間、絶頂の快感が、津波のように女湯全体を襲い掛かるのを目に見たように感じた。
 まずワイシャツ子のリミッターの飛んだ、麻薬のような快感が波及し、精神がチョコレートのように溶けてゆく。サウナの熱で、沸きあがる性欲の熱で、甘く溶かされる。波に触れた四人は、その途端に一斉に崩れ落ちる。たくしあげた股間からは、ショロロッロロッ、一筋のシャワーが、床をびしゃびしゃに濡らし、今度こそ水溜りを作り上げた。
 神聖な女湯が男によって汚される。 ワイシャツ子の神聖な子宮が男によって汚される。快感を知らない四人の少女が、一生知らずに済むはずだった恐るべき快楽によって、汚される。染められる。ピンク色の、肉壷へ。肉奴隷へと変わり果てる。
 
「だめぇ……あたまの中、かわるぅ……♡ おまんこに刺さってなきゃ生きられなくなっちゃうよぉぉ♡♡」
「かはっ、はっ、はぁぁ……はっ……や、やべえぇ。二人分はやっぱきっついな。けど止められないなぁ……」

 麻薬を使うと、一生その禁断症状に苦しむことになるというが、俺もきっとその領域に堕ちているかもしれない。
 女の快感が、セックスやオナニーの快感が完全に脳を焼いてしまっている。きっとこの先も、一生女を食って生きていくのだろう。しかし最高なのは、この能力のおかげで、つまみ食う女は選び放題というくらいだろうか。
 
「さあ、ちょっと疲れたけど、まだまだ……女の子はいるからな♪」
『はぁい……♡♡♡』

 四人と、上からかぶさった一人がそろって頷いて、ぐったりと痴態を見せてくれる。
 その肉体は粘体が支配しているのだ。いま、このサウナ室の中で肌色の身体と、守るべき精神を自由にされてしまっている五個の若い肢体たち。
 ここを離れれば元に戻ってしまうが、子宮に注がれた子種は決して消えはしない。
 全員に注いで、外に待っている子にも子宮を注いでっ、人形っ子たちに俺の子を孕ませてやるからな♪
 

 


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:spiritinserter
裏でこっそりと執筆している憑依系R18小説の個人的保管庫
憑依、乗っ取り、操りがメインです。気が向いたら更新します。
相互リンク歓迎します!

無断複製転載禁止です。
作中の登場人物と実在の人物・団体は一切関係ありません。

よろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Fc2カウンター

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。